日本の貧困率がえらいことに、一億総下流時代へ - コバンザメニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←皆様のぽちっとで大喜びします。
にほんブログ村 ニュースブログへ ←他にもニュースいろいろありますよ。

日本の貧困率がえらいことに、一億総下流時代へ

古民家


日本はまた貧しい国になるのか
貧困率が過去最悪の16%になったらしい

貧困率って何だ・・・

所得が少なく生活が苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」が、2010年調査(09年時点)は16.0%で、07年調査(06年時点)より0.3ポイント悪化した。

相対的貧困率は、すべての国民を所得順に並べて、真ん中の人の所得の半分(貧困線)に満たない人の割合を指す。経済協力開発機構(OECD)の08年報告書では、加盟30カ国の平均は10.6%。



なんかすごいことになってるね。(-_-;)

一億総中流の時代はすでに終わりを告げていたんだね。

一億総中流とは、
日本国民の大多数が自分は中流だと
思っている状態のこと。

このまま進むと国民が暴動を起こす日が来るかもね

そしてそれをマスコミは報道しないっと

本当にこのままでいいのか(゚д゚)!

立てよ国民!!

なんつって

こうやってふざけてられない時代が来ないことを切に願う。


2009年の時の貧困率に関する動画






でも、日本はそこまで貧困ってわけでもない。
あくまで相対的貧困
外国を見てみよう、日本よりとんでもないくらい貧困な国はいっぱいある。
それでも格差は開いてることには違いないんだろうが・・・

関連記事
人気ブログランキングへ ←皆様のぽちっとで大喜びします。
にほんブログ村 ニュースブログへ ←他にもニュースいろいろありますよ。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kobanew.blog.fc2.com/tb.php/18-67cf0531

FX取引機能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。