サイバー攻撃の恐怖、水面下で行われるIT戦争 - コバンザメニュース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ ←皆様のぽちっとで大喜びします。
にほんブログ村 ニュースブログへ ←他にもニュースいろいろありますよ。

サイバー攻撃の恐怖、水面下で行われるIT戦争

パソコン

戦争は銃やミサイルを撃ちあうだけじゃない。
今は、相手の電子機器を妨害しあったり。

敵国の通信、交通、電力などのシステムを乗っ取ることもまた戦争の一部
今回はそんなIT戦争の記事を見つけたのでご紹介

中国、北朝鮮がサイバー戦争で虎視眈々と日本を狙う中、実は日本だけが丸裸の状態になっている。軍事ジャーナリストの井上和彦氏が解説する。

サイバー攻撃は、その対象が日本のように高度にIT化された社会であればあるほど、有効

なぜなら、一度の攻撃によって日本国中を大混乱に陥れることができるだけでなく、日本の防衛体制に大打撃を与えることも可能

自衛官は、個々が無線機を携帯しているわけではなく、全員が民間の携帯電話で交信している。
防衛省は、自衛隊高官に民生品の携帯電話を支給しており、個人への連絡手段は民間の通信インフラに依存しているのが現状

サイバー攻撃によって公共交通機関が麻痺状態となれば、肝心の隊員が防衛省にたどり着くことすら困難


こういう軍事的な事は普通はバックアップシステムがしっかりしている
はずなのだがこの前の原発事故といい

日本はもしもの時の対策が全く出来ていない気がする。

これが駄目になった時はこうする、それも駄目になった時はこうする
といった具合に何十にも対策を講じておくのが普通だと思うのだが

日本は平和ボケしているせいか、
危機感が全くない
気がする。

この間もソニー・コンピュータエンタテインメントが
ハッカーに侵入されていましたね。

天下のソニーに侵入できるぐらいなのだから、
僕ら一般人のパソコンをハッキングするぐらい簡単なことなんだろうね。

パソコンをネットにつなげている時点で
僕らも常に危険と隣り合わせなので
最低限ウイルス対策ソフトは入れておくようにしよう

サイバー攻撃で街がエライことになる映画

ダイハード4.0

これを見ればサイバー攻撃の恐ろしさがよくわかります。


関連記事
人気ブログランキングへ ←皆様のぽちっとで大喜びします。
にほんブログ村 ニュースブログへ ←他にもニュースいろいろありますよ。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012-05-02 13:56 | from -

トラックバック

http://kobanew.blog.fc2.com/tb.php/11-38a322a0

FX取引機能
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。